« 2月は逃げ… | トップページ | メディア掲載情報 »

新刊のお知らせ

以前から少しずつブログでも予告していた新刊ですが、いよいよ来月の自閉症啓発デー、発達障害啓発週間に合わせて講談社から刊行することになりました。

タイトルは担当編集者と色々話しあった結果、彼女から提案されたのは「アスペルガーの館」。夫が作り、現在私も管理に加わっているサイトと同じものです。私たち夫婦が出会ったきっかけにもなったサイトでもあります。実際二人が住んでいる家(館)や世界へようこそ、という意味合いも兼ねています。

内容は療育を受けて育った子どもの頃、支援者を目指して国リハ学院へ進学した青年期、そして夫との出会いを経て就労・結婚という成人期のテーマにどう対応してきたか、どう感じたかについて書きました。

最後は夫からひとことコメントも。14年一緒に暮らしていますが、「こんなこと思っていたのか!」と感じることもありました。まだまだお互い知らないことも多いようです。

|

« 2月は逃げ… | トップページ | メディア掲載情報 »

コメント

村上先生ご無沙汰しております。M先生のころから某施設で療育でお世話になったゆうしの母です。もう何年もたつのでお忘れになったかもしれませんね。
ゆうしも明日で高1です。大きくなりましたよ。
今朝 朝日新聞を見てびっくりしました。
ゆうしに 村上先生どこ? と聞いたら指さししてました。覚えていましたよ。
本読みます。
うちはアスペルガーではなくて自閉なのでこっち方面は検索してなくてサイトのことも恥ずかしながら今朝知りました。
すみません。時々見させてもらいます。

投稿: ゆうママ | 2012年4月 8日 (日) 08時06分

ゆうママさん、コメントありがとうございます。
覚えていますよ!ゆうしくん、もう高校生ですか!時が経つのは早いですね。

パパさんもお元気ですか?

本も読んでいただけるとのこと、ありがとうございます。
よかったら他の方にも推薦してくださいね。

投稿: 秋桜 | 2012年4月 8日 (日) 19時35分

秋桜さん
初めまして、このたびご著書を拝読しました。
勤め先の健康管理係として、社費にて参考図書として購入しました。

昨年より少々ニーズがあり、ASに関する通り一遍の知識には触れておりましたが、一つの症例(表現ご容赦)として追っていけるものは初めてで勉強になりました。

勉強になっただけでなく、ドラマチックでロマンチックな読み物としても味わわせていただきました。

では今後とも益々ご活躍下さい。

投稿: 駒込ピペット | 2012年6月24日 (日) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/139776/44631322

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊のお知らせ:

« 2月は逃げ… | トップページ | メディア掲載情報 »