ロイファー X-Band

買い物に出かけたら、Smithという文房具関係を中心にしたセレクトショップでこんな物を発見。十字型にかけられるゴムバンドです。Ca3300030001_2

早速購入して最近使い始めた無印良品の手帳と「超」整理手帳を束ねるのに使ってみました。なかなかいいです。ゴムバンドだと一方向なのでカバンの中で外れて離散していましたが、これは一度止めるとガシッと固定されます。でもゴムなので外す時はとてもスムーズです。長めの輪ゴムで十字にすると結構切れたりゴムがずれてしまうこともあるのですが、こちらは元々十字に使う想定でできているのでかなり丈夫です。

帰宅後夫に見せたら「よくバラバラになって組み立てに苦労する、あれに使おうよ」と言いだしたのでこちらにも早速使用しました。あれというのはこちらです。

Ca3300020001 これ、実はサイコロ型のパズルなんです。以前箱根に旅行へ行った際にお土産に購入したものですが、たまにやると面白くてついやってしまうものです(立体なので結構難しいです)。

でも掃除などの際にバラバラになってけっこう元に戻すのに時間がかかるのです。いつもは窓際に置いているのですが、先日カーテンの取りつけの時にどかそうとして崩してしまい、元に戻すのにイライラ…。「こんな時に脳トレしたくなーい!」と輪ゴムでとめましたが外れるのは時間の問題でした。

一番小さいサイズがちょうどよかったのでこれならバラバラにならずに保管ができます。便利なのに意外と見かけないこの製品。けっこう需要はあるから(弁当箱のふたと本体を止める時に使うとか)もう少しPRするといいのに、と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

googleカレンダーを「超」整理手帳規格に

久々の「超」整理手帳ネタです。使い始めて半年ほどですが、使えば使うほど「これは発達障害の人に向いている手帳だ」と実感しています。発達障害の人に向いている、ということは視覚化されているのでけっこう使いやすいと感じる人が多い、ということです。

「超」整理手帳の強みと言えばずばり「A4規格」ということ。つまり資料などを挟み込みやすいのです。資料整理では同じ大きさに揃える、ということが大切なのですが整理整頓が苦手な人が多い発達障害当事者はまず「同じ大きさに揃える」ことがまず大変だったりします。普通の手帳だとスケジュールの手帳をいちいちA4に直すという面倒な作業が入ったりします。

その点この手帳はジャバラ式でかつA4規格なので使い終わったレフィルを簡単にA4のクリアファイルに保管することができます。たまに過去のスケジュールを確認することがあるのでこれはとても便利です。A4の整理ツールは種類も豊富だし安価なものも多いし、大きさが揃うだけで整理がしやすくなります。

しかし、そうは言っても1つ大きな問題がありました。我が家はgoogleカレンダーで夫とスケジュールを共有化しているのですが、その予定を印刷するいい方法がなくて悩んでいました。

PCスケジューラーのいいところは変更がしやすいこと、月、週、日といった様々な方法で予定を表示できること、検索がしやすいことなのでこちらも捨てがたいのです。

そんな中同じようなことを考えてくださったshidoさんが、googleカレンダーのスケジュールを「超」整理手帳と同じ表示にしてくれるソフトを公開してくれました!ヤッター!!感謝感謝です。

shidoさんのブログからソフトをダウンロードすることができるので使ってみてください。ただしzipファイルなのでLhaplusなどの解凍ソフトも一緒にダウンロードしてください。

早速我が家でも使ってみました。毎週日曜日に翌日から向こう4週間のスケジュールを2部印刷し、夫の部屋にあるプリンタと冷蔵庫の扉に貼っています。今までは夫がgoogleカレンダーを見忘れたり予定を更新し忘れることがあって、それで喧嘩になることもあったのですがこれで解決です。

これだと2人のスケジュールが一目瞭然だし、カラーで印刷されているので見やすいです。夫もA4の用紙1枚に4週単位で表示されるので、分かりやすいとのことでした。やはり一覧性という面では紙にかなうものは今のところないんですよね。よく「~日の予定は?」と聞かれていたのですが、それに伴うイライラからもサヨナラできました。

打ち合わせなどの外出時はこの紙を持って行って予定を確認することもできるので、手帳に挟みこんで持って行ってもらうつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

買っちゃいました~

しばらく様子を見ていると言っていた「超」整理手帳用カバー。ある日ノグラボストア(超整理手帳関係のグッズを売っているサイトです)を覗いたら「黒谷和紙の手帳カバー」なるものが売り出されていて、「いいけどちょっと高いなぁ」と思っていたんです。

そうしたら、「もみ和紙でできた手帳カバーが売り出される」という告知を見つけてみてみたら…

「ほ、欲しい…。和服にも合うし…」

となってしまい、その日のうちに注文してしまいました。後日届いたのがこの手帳カバー。

1 他にもさくら(ピンク)と柿渋(茶色)があったのですが、このあさぎ(藍色)が一番好きな色合いだったし、うっかりペンなどで汚しても目立たなそうなのでこの色にしました。

先日コーチング関係のオフ会に藍色の着物で行ったら「手帳と合っていていいですね!」とお褒めの言葉をいただきました。革の手帳カバーはよく見かけますが、和紙というのは珍しいので、私らしさが出ていいな、と思っています。

使ってみて感じたのはやっぱり専用のカバーなので、使いやすい!それによく持ち歩くカバンはA5サイズだとカバンがパンパンになっていたのがスリムになりました。

ノートなども「超」整理手帳サイズのものを購入してみたら電車の中で広げやすいので、考え事をしていてメモが取りやすくなったというのも思いがけない収穫でした。根強いファンが多いのもうなづけます。

とは言っても勉強会など、机の上でノートを広げる際はやはりA5サイズが便利です。なのでA5サイズのカバーにはレフィルにもなるノートとクリアブックをはさんで勉強会の配布資料などをはさんでいます。A5

最近無印でチェックのA5サイズ手帳を見つけたので、こちらも衝動買い。たまたま以前購入したコアラバンド(布ゴム)の紺×緑のものが手帳カバーとぴったり同じ色だったので一緒に使っています。

Photo 現在コーチングで「プロダクティビティ・マネジメント」というクラスを取っています。これは自分の中の生産性を上げる、ということなのですが「超」整理手帳でよかったのは週単位で流れを把握できるようになったこと。「そろそろ~をしないと」と視覚的に分かりやすいのでスケジュールを立てる上でとても役に立っています。そういった手帳の使い方などもそのうち紹介できたら、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「超」整理手帳

来年の手帳、何にしようかと売場を見ていたら目に入ったのがこの超整理手帳

私は雑記帳に無印のA5ノートにナイロンのノートカバーをつけて使っているので折り方を工夫するとジャストA5サイズになってちょうどいい感じ。資料を挟むことを前提に作られているコンセプトなども私の事情に合っている。

メインのスケジュールをGoogleカレンダーに記入してあるので紙の手帳は大まかなものが分かればいいのでできるだけ薄いのが欲しかったのとA4を4つ折りにしている点がちょうどいいので基本のレフィルだけ買ってみた。

帰宅後いろいろ調べてみたらまさにA5サイズの手帳カバーなどもあって私が使いたいスタイルで使っている人も多いらしいことが分かった。ダウンロードできるレフィルなども充実しているのでしばらくこの手帳を使ってみることにした。

カバーをあれこれ見ていたらイームズのカバーでA5サイズのものもあって心惹かれたけど1万円以上はちょっと高いなぁ。

手帳だけ持ち歩きたい時用の標準サイズのカバーもほしいけど、どれもちょっと高めだし、使わなくなったら悔しいのでしばらくは今のスタイルで我慢します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)