セルフカラーリング

夕方ピラティスから帰宅後、いい加減目立ってきた白髪を染めようと思い立ってヘナの準備をする。

使う道具はヘナ、かっぽう着、使い捨て手袋、耐熱ガラスのボウル、割りばし、霧吹き、黒タオル、シャワーキャップ。かっぽう着を着て黒タオルを首の周りに巻いておいて準備完了。

使い捨て手袋をしてからヘナを耐熱ガラスに入れてお湯で溶く。割りばしでよくかき混ぜ、マヨネーズぐらいのペースト状になるまでぬるま湯で調整する。次に髪を霧吹きで軽く濡らし、ヘナのペーストを白髪に塗っていく。ここで大切なのは根元までしっかり塗ること。髪を分けながら丁寧に塗り、ヘナが乾きかけたら霧吹きで湿らせる。

髪全体に付けたら首に巻いていたタオルで髪全体を覆い、さらに染まりやすくするのとヘナの粉が床に散らからないよう、シャワーキャップをかぶる。

そのままお風呂に入るまで数時間、家でできることをして過ごす。入浴時に洗い流してその後普通にシャンプーして終了。濡れたままだと枕やシーツを汚してしまうことがあるため、ドライヤーでよく乾かす。

やってみると意外と簡単だし、何より自分のペースで行動できるのがメリット。前髪もわざわざ美容院へ行くのが面倒なので、自分で鏡を見ながらカット。こちらは左右どちらの手でも使えるカット用剃刀を入手したのでだいぶ楽になった。

そんな感じなので、私が美容院にカットに行くのは髪が伸びに伸びてまとめ髪(夜会巻き)がやりづらくなるのが目安。だから年に2回ほどしか行かない。そういう意味ではかなり安上がりかもしれない。自分でセットや着付けもできるので最近ますます美容院から足が遠のいている。

でもこの前ネットの掲示板を見たらカットも自分でやっている、もう何年も美容院に行っていないという人もいるので上には上がいるようだ(ロングでシャギーを入れたいので、さすがに自分では無理…)。

|